相模原市で創業57年の実績・床の張替えからスケルトンリノベーション~新築工事まで 自社の大工が家具まで責任施工致します。 兄弟5人による大工集団 町田市近隣地域から都内まで幅広く工事伺います!

神奈川県相模原市中央区陽光台2-3-9

042-753-0222       

営業時間:8:00~18:00

ブログ個人トップライブ イン ゲンバ

ライブ イン ゲンバ 2020/5

常日頃工事の実況、独り言、世間話

脱衣室に羽蟻が!

投稿日時:2020/05/29(金) 09:16

インターネットより問い合わせをいただましたお客様ですが 脱衣室と浴室の間仕切り壁の床と壁の間の隙間から
羽蟻が出たとのことで即日伺いまして確認したところ床と壁との狭い隙間から出没!

床下に潜って確認できないとのことなので床点検口を取り付けて内部を確認するように対処しました。


開けてみましたら床下は以前のがれきだらけ!! 以前に工事した業者が改修工事の際に処分しないで
床下に残したまま塞いでしまったのだろうか?
ン~考えられないことですね!!
取れる範囲で除去しました。

個の脱衣室は以前タイル張りの浴室だったということです。
同時にシロアリ業者も手配して点検をしてもらった結果 この茶色いラインは蟻道とのことです。
(但しこれが新しいものか以前の浴室時代に出来たものかは判明出来ないようです。)
他の収納庫からも潜ってもらい点検してもらいましたが脱衣室の方には入れないとのことです。
今回の防蟻工事はこのこのてんけんこう点検口より散布して届かない部分は床に小さな穴をあけて
注入して(注入後木栓を埋め込みタッチアップして補修します)
浴室はシステムバスの為天井点検口より散布するプランに決まりました。

防蟻処理の工事は後日行うことで床の仕上げに長尺シートを貼ります

あっつ 仕上の画像を撮るの忘れました!
やってしまいました。
次回防蟻処理の時に取らせてもらい追加でアップしておきます。
では今回はこれで失礼します。

PS シロアリ業者のお話を聞いてますと色々為になりました。 5月の連休までに羽蟻が出てそのあとはもう出ないとのこと これは羽蟻というのは子供から成虫になり旅立つために出没するようです。
なのでメインのシロアリは他のところに潜んでいる可能性はあるとのことです。

取り忘れた点検口の完成画像です。



 

ボードの壁に穴が!

投稿日時:2020/05/24(日) 01:31

工事の状況、手順を動画でお知らせするライブインゲンバの第一弾です。
壁に穴が開いた場合の補修方法(仕上げが塗装仕上げの場合)を動画でまとめてみました
下記URLにアクセスしてご確認ください。

https://youtu.be/oaKSE0Z0Qo8



 

本日は軽井沢から

投稿日時:2020/05/18(月) 08:01

今日から長野県の軽井沢での改修工事を行うため5:40会社に集合して6:00出発!
ハッキリ言って天気予報は最悪である。
週間予報は(軽井沢地区)今週すべて雨マーク それでも今日は降水確率が40%程度だったので
かすかな期待を抱いて圏央道を相模原・愛川インターから軽井沢に向かいました。
かすかな期待はあまりにもはかなく消え去りました、八王子辺りからぽつぽつと水滴がフロントガラスに
当たりだしワイパーを間欠に・・・

富岡あたりの電光板には碓井軽井沢方面雨天走行注意の表示 沈んだ気持ちのままインターを降りて
別荘地の方に進む、 意外にも雨はやんでいる、 (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!なんか作業ができるんではないかと
気持ちは少し持ち返してきた。

本日共同作業するサッシ業者が既に到着していて搬入作業を開始していた。少しずつですが空が明るくなってきた
ような気がしてきたのは気のせいではなさそうだ。
良し!これなら本日は作業できる。 やる気が出てきたぞ!
サッシ業者がガラスを撤去する作業をしている間に当方はトラックで運んできた材料を運ぶ作業を行う。

この作業がまた急な坂道を運ぶのだが目指すはあの建物です。

9:00~作業して約1時間半位 サッシ業者も80%位作業は進みこの貴重な晴れ間を無駄にしないよう当方も下地入れの作業をやりだすことにしました。

やはりサンルームには雨もりがしていてこのような状況
今回はこのサンルームを撤去してガルバリウム鋼板の屋根を葺き 全面のサッシを3本建てのサッシに交換するのが
今回のメイン工事になります。
どうにか本日中に屋根の下地から防水紙を施し 前面のサッシの取り付けまで進めば上出来とします。




午後になると天気は急転して下記のように霧に包まれた現場になりました。

この状況でも作業はどうにか出来 一応本日のミッションはクリアでほっとしました。



 

アナログ盤をディスプレイする額製作中!

投稿日時:2020/05/11(月) 17:19

       
昔のLP版(アナログのレコード盤)のジャケットってすごくポスターになったりアート性の高いものや個性的なデザインのものが多かったよね!
額に入れて飾れば立派なピクチャーとして飾っておいても素敵ですよね。
思い出深いレコードには愛着がわいているのでより飾る意味合いがあると思います。
そんなこんなでこのレコジャケ用の額はあまり知られてませんが(市販品もありますが)
現在yajiconオリジナルのレコジャケ額を製作中 。
リフォームされた方とかにプレゼントできればと思っております。


042-753-0222       お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ